Blog
Uncategorized

交通事故にあった時に絶対やっちゃダメな危険行為…90%以上の人がやっていることだった…

医療技術の発達により、交通死亡者数は年々減少傾向にありますが、 実は交通事故件数と負傷者の数は増加傾向にあるようです。 多くの方は交通事故に遭った際、どんな対応をすれば良いのかパニックになってしまい、 取り返しのつかない事態へと発展してしまうことがあるそうです。 交通事故にあった時に絶対やっちゃダメな行為 Twitterユーザーであるトメ@tome_3さんが投稿した事故後に絶対してはいけないこと。 冷静さを失った事故加害者や 被害者の間ではついついやりがちな「あること」があります。 それは自分を含めた、誰かの命を奪うことになるかもしれない 「絶対にしてはいけないこと」だったのです。 ナースに聞いた話ですけど、病院の受付に来て保険証を出したとたんバッタリ倒れてそのまま帰らぬ人になるパターンがたまにあるとのこと。よくよく調べると内臓にダメェジを負っていて、内出血で死亡。 交通事故にあって気が動転して「大丈夫です!」ってその場を後にして病院でパタン…怖いです。 — トメ (@tome_3) January 7, 2016 交通事故に遭った人が自力で受付に来ましたが、 実は内臓に大きなダメージを負っており、 保険証を出した途端に容態が悪化しそのまま倒れてしまったようです。 この人は、どうやら事故が発生した後、救急車には乗らなかったようです。 そして体の異変を感じ始めたころに病院へと足を運ぶのですが、 その時すでに遅し。帰らぬ人となってしまったのです。 事故後は気が動転しており、 自分の体の変化に気づきにくいもの。 さらにトメ@tome_3さんはこのように語ります。 特に子供は事故に遭ったことを隠す場合があり、外側のダメェジよりも内臓のダメェジのほうが大きい(大きな血管を損傷する可能性、臓器を損傷すると出血多量)上に見つけにくいので、ホント事故に遭ったら「大丈夫です」って言ってその場を去っちゃダメです。立てても歩けても救急車です。 — トメ (@tome_3) January 7, 2016 もし間違って歩行者を事故に巻き込んでしまっても、見た目なんともなくても絶対に救急車を呼んだほうが間違いないです。いくら本人が嫌がっても首に縄つけてでも救急車です。ナースあるあるな話だそうですので、皆様も気を付けて…! — トメ (@tome_3) January 7, 2016 90%以上がやっていることだった また、子供の場合、自分は悪くないのに「親に怒られる」という心理が働き、 何でもないふりをしてしまいます。 帰ってきた子供の様子がおかしいと感じたら すぐに病院へと連れて行きましょう。 事故直後、大抵の人は突然のアクシデントに遭遇したことで興奮状態に陥り、 アドレナリン効果で痛みが軽減されています。 つまり、事故によってケガを負ってしまったとしても それを自覚できない人も珍しくありません。 …

Read More
Uncategorized

本当は怖い抗生物質の危険な事例…知らないと命取りになることも…

よく風邪などで処方される抗生物質というものがあります。 全部飲みきらないまま家に置いておいて また風邪をひいた時に飲むという人も多いのではないでしょうか? 今回はそんな本当は怖い抗生物質の危険な事例を紹介します。 抗生物質とは かびや細菌により分泌され、 他の微生物(病原菌など)の発育・繁殖をおさえる薬です。 適切に使用すれば特定の感染症に対しては非常に有効であり、 最も有名なものとしては1928年にイギリスの細菌学者 アレクサンダー・フレミングが発見したペニシリンが挙げられます。 ペニシリン発見以前は多くの人々が感染症により命を落としていましたが、 ペニシリン発見後1940年代までには手術をより安全に行うことが可能になり、 平均余命の向上に大きく貢献したとされます。 しかし、細菌以外が原因となって起こる感染症には効かず、 また、抗生物質は種類によってそれぞれ決まった細菌にしか効果がないため、 使用には非常に慎重を要する物質です。 本当は怖い抗生物質の危険な事例 飲んだことある薬でも場合によっては命取りになることがあるそうです。 「死ぬかと思った」経験は何度かありますが、これは最も深刻だったものです。ちょっとヘビーな内容なんで苦手な人は見ないでね。発端は、喉が腫れてきたので医療関係の実家から持ってきた抗生剤を飲んだことからでした。(当時はそういう家ほど家族への薬の扱いに無頓着なとこ、けっこうありました。 pic.twitter.com/1qjCxumr5Z — 泉福朗 (@okaeri_eripiyo) February 23, 2018 ネットでの反応 ・うちの娘も中学生の時に肺炎になり病院で点滴を受けてるときに パンスポリンという薬でアナフィラキシーショックになりました。 呼吸がしずらくなり、血圧も低下ほんとにびっくりしました。 抗生剤はほんとに怖いです。 ・抗生物質を飲んで約1時間後に手が痒くなり、 みるみる内に顔が腫れて焦って病院までバイクで行こうとし運転中に意識を失い、 気がついた誰かが呼んでくれた救急車の中でした。 幸い単独事故で廃車と顔を同じ様に縫う傷だけで済みましたが 当時冷静な判断できませんでした。 ・母が同じことに合いました その時祖母が居たので対応早かったのですが たぶん母だけでは電話すらできなかったと思います 誰かがそばに居る居ないだけでもかなり違いますね ・私も一昨年抗生物質でアナフィラキシーショックが出て救急車で運ばれました その前日までは大丈夫だった薬で、当時入浴中だったので凄い焦って… でもその日に限ってたまたま脱衣場にスマホを持って来てたので 親に連絡して助かりました。本当に怖いですよね…

Read More