【まさかの展開】ピュアな高校生カップルとして有名だった二人に襲った悲劇…彼女が残した手紙に衝撃事実が書かれていた内容がヤバかった・・

Uncategorized

恋人同士の約束。守りたいもの…

誰にでもあると思います。

もちろん彼らにもありました。 高校生らしくピュアな約束が。

「大学生になるまでそういう行為はしない」と・・・

こんな素敵な高校生カップルに一体何が起きたのでしょうか?

大学受験を目指し不安と期待で

いっぱいの彼らの胸は、ある出来事を機に 一瞬にして引き裂かれ、

もみくちゃにされました。

彼の悲痛な叫びを等身大で感じてください。

突然、訪れた初体験
受験を目前に、会うことさえ

拒んでいた彼女が突然家にやって来た。

驚いた僕はとりあえず彼女を

家に入れシャワーを浴びさせた。

何があったのか・・・

ざわつく心とは裏腹に何も聞けずにいた。

シャワーから出た彼女はただひたすら

「ごめんね」と繰り返し泣いていた。

僕はただ、何もできずにいた。

抱きしめてあげることも、

話を聞いてあげることすらも…

ただおどおどしているだけの自分の無力さを恨んだ。

「今日はもう遅いし家に帰りなよ」 やっとの思いで口をついて出た言葉だった。 しかし彼女は帰ろうとしない。

ただならぬ覚悟だけは感じ取れた。

でも、僕たちには約束があったんだ。

「二人とも大学生になるまでは貞操を守ろう」と。

言い出したのは彼女だったけど、

その日彼女は自ら約束を破ろうとしていた。

僕はガタガタと震える彼女を抱いた。

初体験だったというのに

その日のことはそこまでしか覚えていない。

そのあとの事件の方が大きすぎて・・・

彼女を襲った悲劇
翌朝、学校を休んだことははっきりと覚えている。

時間をかけゆっくりと彼女に何があったのかを聞いた。

「ごめん…ね。初めてをよし君にあげられなくて。」

真っ白になった。

でもつじつまが合った。

あの服のボロボロさ。

初めてじゃなかったこと。

抱いた時に震えていたこと。

彼女は襲われたという事実。

怒りがこみあげてきた。やるせなかった。

僕には彼女を抱き続けることしかできなかった。

「ありがとう。よし君の力が効いたから。もう大丈夫。」

「よし君、勉強頑張ってね」

そう言って悲しげに笑って帰ろうとする彼女。

人の気配にびくびくと怯える彼女を家まで送った。

彼女のお父さんにこっぴどく説教された。

帰り際に笑顔で手を振ってくれた彼女。

あの笑顔が最後になるなんて・・・

翌日学校に行ったのは僕だけだった。

天国へ逝ってしまった彼女
あんなことのあとだから休んでも仕方ないなと思っていた。

その時、先生に手招きされた。

先生の口からは信じられない言葉が飛び出してきた。

「今朝、本田が自殺した。」

「・・・?」

「首吊りだったそうだ。」

信じられなかった。

あまりのことに涙さえこぼれなかった。

下足に置かれていたという僕宛の手紙が渡された。

「ごめんね。よし君。3つ、謝らなければいけないことがあります。

ひとつは、初めてをあげられなかったこと。

もうひとつは、先に逝っちゃったこと。

そして最後に、一緒に大学に行けなくてごめんね。

それでもよし君は生きてください。私のことなんて忘れて。」

この文を読んで初めて涙があふれた。

悔しいとか悲しいとかそんな単純なことじゃない。

言葉では言い表せないような、

今までに感じたことのないような感情が溢れた。

涙が止まらず何度も何度も吐いた。いつでも死ねると思った。

彼女からの手紙がなければ

今の僕は存在しなかっただろう。

京、そんな彼女の3回忌が終わった。

あの時こっぴどく僕を叱った彼女の父が

「千沙のことは忘れてください。

あなたにはあなたの人生があるのです。

その方が千沙の為にもなりますから。」

と言ってくれた。

犯人もわからないまま、

行き場のない怒りだけがふつふつと煮えたぎる。

毎年この時期になると

気が狂いそうになるくらい悲しくなります。

千沙。もう一度君を抱きしめたい・・・

No Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Uncategorized
彼氏と別れてから10秒後にLINEが!!彼女の「既読」が合図となり感動的な展開へ

彼氏と別れてから10秒後にLINEが!!彼女の「既読」が合図となり感動的な展開へ

Uncategorized
断り続けてたら脅迫してきたセールスマン→「やれるもんならやってみろ」と言われたのでガチで警察に通報したら恐ろしい事態に…!

私は既婚で共働きなんだけど土日が休みの職業じゃないので 休みは平日で家でまったりしている。 その日も旦那が仕事に行ったあと、 少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。 しかし、マンションに着いてみると オートロックのエントランスのドアが全開、 誰でも入ってこれるようになってる。 無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。 誰か閉め忘れたのかな? と思っていると黒い大きなカバンを持った 40歳くらいの大きな男が、階段を下りてきた。 そして私を見ると、目を見開いてにっこり笑って近づいてくるので、 「うわー、逃げなきゃ」と思ってエレベーターのボタンを押した。 でも、男は急いで近づいてきて 「このマンションにお住まいですよね?奥様は専業主婦の方でいらっしゃいますか?少しお話させていただけませんか?」 これを無視してエレベーターに乗り込んで、 急いで閉のボタンを押したらそのおやじ、 足でエレベーターが閉まるのを防いで、 一緒に乗り込んできやがった。 狭いエレベーターの中、 何が目的かわからない男と一緒で正直震えあがってしまった。 エレベーター乗るべきじゃなかった、 と悟ったけどあとの祭り。 男はエレベーターの中で 「いや、僕怪しいものではありませんよ。このマンションの大家さんにお願いして入れてもらったもので、大家さんとは懇意にしてるんです。なのでぜひよろしければお宅でお話をさせていただきたいんですけど」 と話かけてくる。 私は、家である階に着くまでひたすら沈黙を守り、 エレベーターが着くやいなや飛び出してこう言った。 「訪問販売ならけっこうです。私たち必要なものは自分からアプローチして買ってますから。お帰りください」 すると男の態度が豹変した。 「あんた、僕が何を売ろうとしてるかわからないのに、いらないってどうしてわかるんだよ。人なめるのもいいかげんにしなよ、何様のつもりなんだよ。とにかく持ってきたもの見ろよ」 と、すごまれた。 でもその男は黒いカバンと一緒に紙袋も持っていて、 子ども用の教材が入っている。 私も怖いと同時にだんだん腹が立ってきて、 少し言い返そうと思い 「うちは子どもいないし、その予定もしばらくないので、子ども関係のものはまったく必要ないです」 すると男はさらに逆上して・・・ すると男はさらに逆上して 「だから誰が子ども用のものを売るって言ってんだよ。人の話聞けって言ってんだろ!とにかく家入れろ、ほら、カギ持ってんだろ、何号室だよ。このマンション今誰もいないんだから、手ぶらで帰るわけにはいかないんだよ」 階段下りて逃げようとしましたが、 階段に行く通路は男がさえぎって通れない。 (たぶん行かせないようにわざと) 他の住人は留守らしいということで、もう進退きわまりました。 どうしよう、どうしよう、 どうしようとパニックをおこして無言でいると、男は、 「ほら、カギかせよ。あんたがあけないんだったら、俺があけるから!」 とカバンをひったくろうとします。 やばい、犯罪まがいのことされるかも! 遅まきながらやっと反撃しようと決めました。 …

Uncategorized
【あの人の今】海老蔵暴行事件で実刑を受けた元関東連合・伊藤リオンのヤバすぎる現在がこちら!

海老蔵暴行事件で実刑を受けた元関東連合・伊藤リオンのヤバすぎる現在がこちら! 海老蔵暴行事件で実刑判決を下された伊藤リオン 2010年11月、西麻布の飲食店(バー)で十一代目市川海老蔵に暴行を加えたとして逮捕された関東連合の伊藤リオン。 市川海老蔵は顔面全体に大怪我を負い、血尿も出るなど全治2か月の診断を受けています 伊藤リオンは2011年3月に懲役1年4月の実刑判決を受け、服役していました。 出所後の伊藤リオンは… 出所後の伊藤リオンの行方が判明したのは、ある手紙によってでした。 出所後はの伊藤リオンが頼ったには、現在海外逃亡中の関東連合のリーダー・見立真一と古くからの付き合いがある仙台に本拠を置く組織の幹部だったとか。 そこで、ヤ●ザの一員として活動していた伊藤リオンは、破門されていたのです。 古い付き合いから伊藤リオンを一員にしたものの、組の看板を利用しながら組への貢献がなく、使い物にならないと判断し、破門にしたそうです。 次ページで「伊藤リオンの現在は!?」をご紹介します! 伊藤リオンの現在は!? その後、行方がわからなくなっていた伊藤リオン。 2017年の6月に沖縄で警察沙汰になる騒ぎを起こしているところを一般人の方が撮影してネットにアップしたことで判明しました。 ▼その動画がこちらです! こちらの画像の中央にいるのが伊藤リオン!? この時はたまたま関東連合の知り合いと沖縄に遊びに来ていただけのようで、現在どこに住んでいるのかはわからないようです。 ネットの声 ・「ただの使えねーやつかよw」 ・「つぶしあえー」 ・「警察の数が凄いw」 ・「アントニー見かけないと思ったら沖縄で遊んでるんかよ!」 などの声が寄せられました。