お世話になった駐車場の管理人さんがとった素敵な対応に感動の嵐。

Uncategorized

いつも明るく挨拶する駐車場の管理人のおじさん。

おじさんの優しい人柄に触れ、人の在り方について考えさせられた。

お礼に出向く先の光景に驚かずにはいられない。

駐車場の管理人のおじさん

近所にある駐車場。

100mほど離れたところなので、いつも車を停めていました。

その駐車場には、いつでも元気で明るい60歳を過ぎたばかりの管理人のおじさんが働いていました。

年齢に似合わずシャキシャキとした行動で、手際よく仕事をこなします。

「おはようございます!

今日も天気で、いい一日ですね!」

毎日のように顔を合わせていますが、いつもおじさんは明るい笑顔で挨拶をしてくれます。

「おはようございます。

よろしくお願いいたします。」

自然と会話も生まれてくるもんです。

おじさんは駐車場の管理人をする前は大手企業で働いていたそうです。

その会社を定年になったので退社し、家が近くにあるというだけの理由で、駐車場の管理人の仕事を始めたということでした。

駐車場の管理人という仕事を真面目に打ち込んでいる姿に、大手企業を退職されたという様子も微塵にしません。

ある日、おじさんの明るく優しい人柄に触れる機会がたまたまあったんです。
おじさんの優しさに触れて


ある日のことです。

その日の朝、急に雨が降ってきたのですが、傘を忘れたことに気がつきました。

駐車場についてから、車から出ることもできずに、どうしたものかと考えていた時です。

管理人のおじさんがわたしの車に走りよってきました。

「傘、忘れたんじゃない?

ちょうど、今降り出したばかりだから。

これ、持っていきなよ」

おじさんは自分の持っている傘を、私に差しだしてくれたのです。

「でもこれっておじさんの傘じゃないの?」

そう言って、受け手らないようにしますと、

「私のことを気にすることはありませんよ。

とにかく持っていってください」

おじさんは、私に持たせてくれました。

「おれは濡れて帰ってもいいんだ、

お客さんが濡れないでいてくれるのがうれしいんだ!」

そういってるように感じ、おじさんの懐の大きさに感動していました。

駐車場の管理人のおじさんは、いつもこんな調子で

自分のことよりもお客さんのことばかり考えてくれるような人でした。

そんな人柄なのか、駐車場はいつも満車の状態でした。

他の管理人さんは、満車になると小さな管理人室で本を読んだりしていましたが、おじさんの場合は、駐車場の前に立って申し訳なさそうに、

「満車です、申し訳ありません」

と深々と頭を下げて謝っているのです。

「なんだ、いっぱいかよ!」

と言っていく、お客さんもいますが

「大変申し訳ございません。」

と挨拶し、必ずその車が見えなくなるまで、深々と頭を下げ続けていました。

私は

「何も、あそこまでしなくてもいいのに」

と思っていました。

そんなある日、駐車場にいつものように車を停めようとした時のことです。

その優しい人柄のおじさんがいつもと違う表情になってました。

いつもと違うおじさんの表情の訳

私はおじさんの様子がいつもと違うので声をかけました。

するとおじさんの口から

「実は、今週いっぱいで仕事をやめることにしました。

妻が肺を患っていて、空気のきれいなところでのんびり暮らすことにしたんですよ。

いろいろお世話になりました・・・」

そのような答えが返った来ました。

「お世話になったのはこっちのほうですよ。」

わたしは何ともいえぬ寂しさを覚えました。

おじさんが勤務の最後の日が来ました。

ちょっとした感謝の気持ちで、おじさんに手土産を持っていくことにしました。

そして、駐車場に着いたとき、信じられないような光景を目にしたのです。

これにはビックリしました。

信じられないような光景

わたしは信じられないような光景を目にしたのです。

おじさんの人柄なんでしょうね。

小さなプレハブの管理人室には、色とりどりの花束がいっぱいに積上げられていて、中がまったく見えません。

さらに、管理人室の横には、2列にもなって置ききれなくなったプレゼントがたくさん積み重ねられています。

駐車場はたくさんの人でごった返し、感謝の声が聴こえてきます。

おじさんにお礼を言いに来た人たちで一杯です。

「いつも傘を貸してくれてありがとう」

「あのとき、重い荷物を運んでくれて助かりました」

「おじさんに、挨拶の大切さを教えていただきました」

みなそれぞれに次々と写真を撮り、握手をして、感謝の言葉を告げています。

私は最後の列にならんでおじさんと話す機会を持ちました。

「おじさんには感謝しています。

おかげで、毎日気持ちよく仕事を始めることが出来ました。

いなくなってしまうなんて残念です・・・」

感謝の気持ちを言いました。

「いいえ、私は何もしていませんよ。

私にできることは、挨拶することと謝ることくらいですから。

でも、いつも自分がやっている仕事を楽しみたい、そう思っているだけなんです」

おじさんはそう語ってくれました。

その言葉が自分の中でいつまでも響いてます。

仕事に対するおじさんのあり方。

駐車場の管理人のおじさんという仕事を誇りをもって、楽しく人とかかわりながら全うしていたことに感動しました。

おじさんはこう言ってるのでしょう。

「仕事が面白いかどうかを、その仕事の内容に期待すると裏切られてしまうでしょう。」

勝手に決めつけないこと。

「面白い仕事もつまらない仕事もないからです。」

決まてるのは自分。

「つまらない仕事なんてない。」

楽しんだもん勝ち。

「仕事に関わる人の姿勢が仕事を面白くしたり、つまらなくしてるに過ぎない。」

すべては自分のありよう。

「仕事の最後の日自分がこれまでどのように仕事に関わってきたかをまわりの人が教えてくれます。」

人と人の繋がりは普段の行動できまる。

「その時に得られる最高のもの、それは人と人とのつながりの中でうまれる感動です。」

人は交流から感動が生まれます。

おじさんはわたしたちに沢山の「優しさ」と「気配り」をプレゼントしてくれました。

いかがでしたか?

おじさんの人柄、人としての在り方、素晴らしいですね。

ネットの声
・「おじさんの生き方に感動した。こういう風に年を取りたい。」

・「どんな仕事でも最高のパフオーマンスでやろう。」

・「仕事に文句を言うな!やるだけやってから何か言え、つまらないと思ってるからつまらないのであって、すべては心がけ次第だ。」

・「挨拶はとても大切です。」

・「いい年の取り方ですね。見習います。」

おじさんは人のためを最優先に仕事をしてました。

そして最後は皆に見送られ仕事を去ります。

おじさんの仕事に対するモットーはやはり素晴らしいです。

「つまらない仕事なんかない。

仕事にかかわる人の姿勢が仕事を面白くしたりつまらなくしたりしているにすぎない。」

私たちは普段からそういう考えでいたら、ずいぶん社会も違うんでしょうか。

この考え方は、皆さんにも知っていただきたいです。

すべては自分の在り方次第です。

No Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Uncategorized
【愕然】講演会で東大生が質問「僕は東大の院生で…(バカにしたように)お答えを」すると女生徒『日本語で話して下さい』東大生「はい?」→拍手喝采される結果に

この季節に思い出した。 学生の時、勉強になるからと教授に勧められ、 他学科の学会に行ってみた。 そこは1年生でも来ていい気軽なもので、 会場には見るからに偉い感じの教授みたいな人から 1年生らしい感じの子まで色々いた。 ある院生の 発表は 他学科故に難しくもあったがなかなか興味深く、 面白く聞いていたが 質問の時に手を挙げたのが 「僕は東大の院生で」 と話し始め、質問が始まった。 しかし 正直カタカナ言葉の羅列で 質問の意味が分からない。 本人だけがずらずら質問し、 「お答えを」 と半分小馬鹿にしたように笑っていた。 そこに女の子が手をあげると 「あの、私、1年生なんですが (講演者)さんの話は正直難しかったけど面白かったです。 でもあなたの話は日本語がないから分かりません。 日本語で話してください」 東大院生が 「はい?」 と言うと 「だから エポック何とかとか英語ばかりで、 何で日本文学に英語が必要なのか意味が分かりません。 日本語で話してくれなきゃ分かりません。 東大は頭いいから英語で話すんですか? 日本語で話せないんですか?」 沸き上がる拍手。 一緒にいた友人によるとその院生の周りには 日大や早稲田、慶應などの院生がいたそうだが、 一番手を叩いていたのは彼らだった。 1年生の女の子は不思議そうに周りを見渡していたが、 質問した院生は真っ赤になって絶句。 隣にいた教授らしき人に 「もう座れ!」 と言われていた。 あの学会は本当に楽しかった。 その1年生の子はそれから院まで行き、 博士号を取ったそうです

Uncategorized
【そうだったんだ!】ほとんどの人が知らなくて間違えているトイレの座り方!正しい座り方を教えます!!

ほとんどの人が知らなくて間違えているトイレの座り方! ほとんどの人が、間違ったトイレの座り方をして いるという驚愕の事実が明らかになりました。 どのような座り方をすれば、 良いのでしょうか? 詳細は次のページで! あなたは普段洋式便所に座る時、どのような座り方をしているでしょうか? 最近は、床を汚さないようにという理由から男性も洋式便所では、 座って小便をする人が増えてきました。 一方で、和式便所の方が健康に良いという意見もあるそうで、 洋式便所も対策を立てたりしているようです。 まず、あなたは普段洋式便所に座る時、 どのような座り方をしているでしょうか? 出典:画像出典:neta-reboot こんな感じの座り方が最も主流と言った所でしょ うか? あるいは何か悩み事などを抱えている時には、 こんな感じになることもあるかもしれません。 出典:画像出典:neta-reboot これは見るからに不健康そうですね。 さて、これらの座り方は間違った座り方なんです。 ほとんどの人は、このような座り方をしているでしょうから、 正しい座り方をしている人は極わずかだと思われます。 では、正しい座り方とは・・・ そうだったんだ!ほとんどの人が間違えている!正しいトイレの座り方を教えます!! どう間違っているかというと、それは脚と胴体の 間の角度なんです。 この脚と胴体の間の角度が90°になる座り方は、 自然な便の流れを妨げてしまうのです。 そうした不自然な便の流れの状態で、排便を続け ていると、便秘、腹痛、痔、更には大腸がんの原 因になってしまうのです。 和式便所で排便をするとき、脚と胴体の角度は、 35°になっているといいます。 この35°こそが、自然な便の流れを妨げずに排便 できる角度なのです。 それでは、洋式便所で正しい角度35°になる座り 方を紹介します。 出典:画像出典:neta-reboot このように、小さな台の上に脚を乗せることで、 35°の角度を膝などに負担をかけることなく作る ことができるので、自然な便の流れを妨げること なく排便ができます。 銭湯などにある風呂場で座る椅子などを使用する と良いのではないでしょうか。 是非、やってみて下さい!

Uncategorized
【診断】7個以上わかったら完全におじさん・おばさん!⇒懐かしモノ画像10選

7個以上わかったら完全におじさん・おばさん! 80年代生まれなら確実!懐かしモノ画像10選! 80年代生まれなら確実!懐かしモノ画像① 1.10円ゲーム カーレース 2.丸川製菓 マーブルガム 3.アメリカンバトルドーム 次ページで「80年代生まれなら確実!懐かしモノ画像②」を紹介します! 80年代生まれなら確実!懐かしモノ画像② 4.ポッピンアイ 5.デジモン(デジタルモンスター) 6.ゲームボーイ 7.ハイパーヨーヨー 8.グリコ スカイ 9.明治 すぎのこ村 10.タラタラしてんじゃねーよ ▼おじさん・おばさん度診断! 10枚の懐かしモノ画像、あなたはいくつわかりましたか? わかった数でおじさん・おばさん度診断!! 9個以上:本当のおじさん・おばさん! 6〜8個:かなりおじさん・おばさん 3〜5個:おじさん・おばさんになりかけ 2個以下:若い!! あなたのおじさん・おばさん度は!? ネットの声 ・「すぎのこ村はきのこ・たけのこ戦争に巻き込まれて村が消滅したんだよな・・・」 ・「デジモンはアニメしか覚えてないわ」 ・「有野課長のゲームセンター訪問見てるとレトロ10円ゲームやりたくなってくる」 ・「ゲームボーイの初代はでかかったなw」 などの声が寄せられました。