婦警さんが危うく誤検挙…運転手VS婦警の負けられない戦いが始まる(動画あり)

Uncategorized

誰にだって間違いはありますが、 大人になると自分の間違いを認めたくないものです。

今回紹介するのは婦警さんが誤検挙した時の映像です。


ドラレコの話をした途端態度が急変し、運転手VS婦警の負けられない戦いが始まりました。

婦警さんが誤検挙
もし警察に間違いがあっても証拠がなければ警察も非を認めません。

今回誤検挙が発覚したのはドライブレコーダーが装着されていた為、 誤検挙を免れたとのことです。

逆に言うとドライブレコーダーがなくて 泣き寝入りしたドライバーもいるかもしれません。

これはマスコミが騒いで 警察側の謝罪と対策を聞く必要があると思います。 そのうちすべての車に標準装備になるかも知れませんね。

運転手VS婦警の負けられない戦い(動画)

この動画は投稿者が叩かれまくって削除逃亡した動画となります。

何故、投稿者が叩かれるのか理解に苦しみますが、 動画を見る限りなくグレーだと思います。

この動画で婦警さんの行動に批判が殺到しました。

間違えたのは百歩譲って仕方ないとして まず謝れよと言いたいですね。

警察官でありながら常識も身についてないのでしょうか・・・

結果的にはドライブレコーダーがあったため、婦警さんの失態が明るみになった結果となりました。

警察が誤認してホンとに~?とかですむ話しじゃないですね!

ネットでの反応
・婦警さんせめてドライバーに謝ろうよ・・・

・警察はクソ、決してそうは思いたくないけどここ最近は自然にそう思ってしまいます!!

・下谷警察署の交通課の婦警だな。この婦警を道に立たせるなと下谷署に通報しておく。

・状況を察すると笑って誤魔化そうとする警察官に萎える なんだこの偉そうな逃げ腰は!!

・まずは謝れよ!笑って誤魔化すな!税金で飯食っるぶんざいでよ!

No Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Uncategorized
【衝撃動画】ボウルにたっぷり入れた水銀に手を突っ込んでみた⇒想像を絶する結果に!

水銀をボウルにたっぷり入れ、そこに手を突っ込んでみると…。 水銀とは 常温、常圧で凝固しない唯一の金属元素である水銀。 銀(Ag)とは別の、原子番号80の元素で、元素記号は「Hg」です。 かつて水銀は体温計やボタン電池などで利用されてきました。 しかし、水銀は非常に高い毒性を持っていて、水俣病などの公害を引き起こしたこともあり、今では家庭用品での使用は減らされています。 かつて、奈良の大仏を建立した際、水銀を使って作業した人は早死にしたとも言われています! 次ページで「たっぷりの水銀に手を突っ込んだら…。」を紹介します! たっぷりの水銀に手を突っ込んだら…。 その水銀を40kgもボウルにいれ、そこに手を突っ込む実験動画が話題に! 水銀に手を突っ込んだらどうなるのかは…以下の動画でご確認ください! 液体なのに、手に付着することがありません!なら安全じゃないの?と思うかもしれませんが、水銀は身体の中に蓄積されることによって毒性を発揮します。 皮膚からの吸収は非常にゆっくりなため、少し触るくらいなら影響はほとんどないそうです。しかし、常温でも蒸発して、肺から身体の中に入る可能性がありますから、これはとても危険な実験です。 決してマネはしないでくださいね! ネットの声 ・「はぐれメタルは実は液体だったのかな」 ・「触るだけなら大丈夫だけど舐めたら危険だからね!」 ・「小さいころ体温計割った時にコロコロしてるの触ったことあるよ」 ・「40キロでこの量しかないのか。さすが水銀・・・」 などの声が寄せられました。 2017年発効の「水銀に関する水俣条約」により、さらに水銀の使用や管理は規制されています!

Uncategorized
【お役立ち】これがお腹と背中の脂肪を纏めて落せるスクワット⇒効果抜群のやり方がコチラ!!

お腹と背中の脂肪を纏めて落せるスクワット! 効果抜群のやり方を動画で大公開! お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とせるスクワット スクワットは太ももを鍛えるだけではなく、腹筋、背中の筋肉まで鍛えることが出来る優れた全身運動なのです。 ジムに行く時間が取れない方も、このやり方でスクワットを続けていけば、筋肉強化、脂肪燃焼が可能なのです。 動画を参考にして下さい! ▼動作のポイント 1.呼吸を止めない 2.上下動作は合計4秒のカウントで行う※反動をつけて早くやらない 3.膝は90度の角度まで曲げること。 4.椅子に腰掛けるつもりで股関節から曲げ、膝をつま先より前に出さない 5.猫背にならない 1セット10回を連続3セット(10秒ほどのインターバルは入れて良いです)、週5回は行いたいですね。(可能なら毎日) 両腕も後ろに反らすように動かすので、肩甲骨を寄せることが出来、背中の脂肪が落とせるのです。 上のスクワットに慣れてきたら次のステップ! 次ページで「更に追い込める人にはこちらの運動もお勧め!」を紹介します! 更に追い込める人にはこちらの運動もお勧め! 先ほどのスクワットに慣れてきたら下の運動も行うと有酸素運動にもなりますので、より一層の脂肪燃焼効果が期待できます。 これは、バーピージャンプと言って、様々なアスリートにも愛用されているエクササイズです。 ジャンプしたりするので、室内より屋外で行ったほうが良いかも知れません。 全身をフルに使ってダイナミックに動きます。 ジャンプ力、瞬発力、腹筋、体幹を含めた全身を鍛えることが出来ます。こちらも1セット10回を3セットやります。かなりハードなので最初は1セットでも良いでしょう。 これから夏に向けて脂肪を落として、少しでもスリムになりたい方は是非チャレンジしてみて下さい! ネットの声 ・「中学の時、陸上部のサーキットトレーニングのなかにこんなのあったな」 ・「なるほど。お腹の脂肪落とせるんですね。しかしこのおねーちゃん可愛いな」 ・「4週間実行したが効果あり!体脂肪が4%近く減り、筋肉量も増加した」 ・「毎日実行するのはきついな」 などの声が寄せられました。

Uncategorized
YUIの過去を知り唖然とした。貧乏な子供時代や病気、壮絶な人生に感動。

あどけない少女だった歌手のYUIさんも双子のママですね。 実はデビュー前、「タイヨウのうた」のような人生を歩んでいたことをご存知でしたか? YUIの子供時代 出典:Google画像 1987年生まれ、福岡県古賀市出身です。 3歳の頃から母子家庭になり、お母さんと2人きりで暮らしていました。 母は忙しく働らいていて、家にいない時が多く小学生の頃から学校から帰ってから一人でカップラーメンを食べて過ごしてました。 一人で家にいることが多かったので、そういう時にCDやラジオから流れてくる音楽を聴くことが習慣になっていました。 音楽に支えれれてる自分に気が付き、いつしか「好き」になっていました。 母子家庭なので裕福とは言えない生活、高校時代は学費を稼ぐために毎日アルバイトをしていました。 しかしながら、歌手になる夢を追いかけるために音楽塾にも通い、多忙な高校時代を過ごしてました。 多忙な毎日を過ごすYUIさん。 高校生活、アルバイト、音楽塾の掛け持ちで、睡眠時間が2時間ほどしか取れない生活が続き体調を崩して入院してしまいました。 入院先の医師から、予想もできない宣告を受けたのです。 それは、YUIさんにとってとても残酷なものでした… YUIの病気と決意 出典:Google画像 ただの体調不要からくる病気くらいの思っていたYUIさんですが、医師からの通達はむごいものでした。 YOUIさんは「肺ガンで余命1年」の宣告を受けたのです。 まだ高校生のYUIさんです。 未来に夢を膨らませて頑張ってきたショックは計り知れないものがあったと思います…。 ここで病気とあきらめることはしなかったYUIさんはこう決意しました。 「先がないなら、自分のやりたい事をやろう」 歌手になるためのオーディションを受けると決めて行動しました。 主治医から1日だけ外出許可を貰い、 「このオーディションでグランプリが取れなければ歌手を諦める」 もう、YUIさんにとって何も怖くない心境でしょう。 夢を諦める覚悟でオーディションに挑んだのです。 オーディションで見事グランプリ 出典:Google画像 夢を諦める覚悟で挑んだオーディションです。 2004年のソニーミュージックグループのオーディションで、2万人の応募者の中から最終の10人に残りました。 そして残り10人の中からYUIさんは見事グランプリに輝いたのです。 YUIさんの類稀なる才能に、各レーベルで争奪戦となったそうです。 晴れてデビューが決まり、なんとドラマのタイアップが決まり、上京しました。 2005年、『あぐらでギター一本で奏でる』という女性アーティストとしては珍しいスタイルでデビューを飾ったYUIさんです。 以降数々のドラマのタイアップや、自身の映画主演作となった「タイヨウのうた」などで女優デビューを果たし、主題曲も担当しました。 一気に人気アーティストの仲間入りを果たした。 YUIさんの女優として人々の心を揺さぶる演技力ですが、とても評価も高いを得てますが、きっとその理由は、余命宣告を受けた過去と人並み外れた努力がもたらしたものなんでしょうね。 YUIの余命宣告は人生の転機 その後、余命1年の宣告は、医師の診断は誤診で、肺炎だったことが判明しました。 人生最大のピンチを、自分の力でチャンスに変える! 普通の人は挫けてしまう生きるか死ぬかの選択を高校生という若さで受けた時に 「自分の人生残り僅かなら、好きなことをとことんやろう」 YUIさんの音楽への情熱が大きな試練を乗り越えられたのでしょう。 当時を振り返ったYUIさんはこう語ってました。 あと1年くらいしか持たないと言われて、その頃、15、6歳だったんだけど、全然、受け止めることができなかった。作り話みたいな感じで聞いていたんですけど、もしそうだったらと考えた時に、やっぱり自分のやりたいことをやるべきだなと。 入院はずっとしてたんですけど、オーディションにどうしてもいきたくなったので、外出許可を取って、会場に行きました。 出典:本人談 この余命宣告があってこそ、人生最大のピンチを自分の力でチャンスに出来たのですね! …