学校の帰り道に大量の500円玉を拾った俺「臨時収入だ!ラッキ ー!」⇒しかし…お金を使い切った次の日…

Uncategorized

学校の帰り道に大量の500円玉を拾った俺

「臨時収入だ!ラッキー!」

そう思い、500円玉を全て使い切った!

しかし、その翌日、俺は後悔することになった…

高校生の頃、道端で大量の500円玉を拾った俺

高校生の頃、道端で金を拾った。

それも10円とか100円ではなく、500円玉を4~50枚ほど。

バッグに入っていたわけではない。

自宅近くの交差点から川沿いの道を通り、公園に行き着くまで直線にして大体2kmぐらいの範囲の道に、ところどころ散らばっていたのだ。

貧乏学生だった俺にとって臨時収入といえるこの金は、まさに渡りに船。

今なら何らかの事件性も考えて、警察に連絡するのかも知れない…

しかし…

当時の俺はそんなに生真面目な学生でもなかった。

それを使いゲームを買ったり、友達との交友資金に使ったりと、色々と使ってしまった!

拾った金を使い切った翌日…

朝目覚めると、体が異常にだるく感じた。

全身の関節が痛み、喉が痛くて呼吸するのも億劫だった。

しばらくすると、登校時間になってもおきてこない息子を叩き起こそうと 鬼の形相をしたかーちゃんが、部屋の扉を乱暴に開けた。

「いつまで寝てるの!!早く学校行きなさい!!!」

そう怒鳴ったかーちゃんだったが、 俺の様子を見るとキョトンとした顔をしてベッドに近づいてきた。

「なに、あんた。熱でもあるの?」

「なに、あんた。熱でもあるの?」

「…………(うん)」

「早く言いなさいよ!悪くなったらどうするの!?」

「…………(大声出さないで、頭痛いの)」

「まったく、ちょっと待ってなさい。薬もってくるから」

「…………(ありがとう)」

何でかーちゃんってのは、子どもが風邪引くとあんなに優しくなるのかね?

普段からもう少しその優しさを出してくれれば良いのに…。

閑話休題
それから三日間はひどいものだった。

40.0℃近い高熱が続き、水でさえも口に入れたらすぐに戻してしまう。

病院に行っても原因は不明。

とりあえず一日入院したら、嘘のように熱が引いた。

医者も首をかしげていたが、翌日には退院の運びとなった。

迎えに来てくれたのはかーちゃん。

「お昼ごはん何を食べたい?」

ときいてくるかーちゃんに、

「別に何でも良いよ」

と答えようとしていると、対向車線から トラックが突っ込んできた。

かーちゃんは肋骨3本

俺は右腕を解放骨折、右膝の前十字靱帯断裂と半月版損傷、 右脛骨粉砕骨折で病院に逆戻り。

入院中にもかーちゃんに癌が見つかったり、元気だった祖父が倒れたり、 家が火事になったり、彼女に振られたり。

つくづく不幸に見舞われた。

祖母が、

「呪いじゃ!呪いじゃ!!」

とテンパってた姿を今思い返すと少し笑えるw

でも当時は俺も連続する不幸が怖くなっていて、 一族の墓を任せていて、 昔から懇意にさせてもらっているお寺の住職さんに、 お祓いをしてもらうことになった。

落し物を簡単に拾ってはいけない…
住職さんは俺には別に何を言うでもなく、淡々とお祓いを終わらせた。

ただ、帰り際に

「○○君、何を拾ったの?」

と、ぼそっとつぶやいた。

「えっ!?」

驚いて振り返ると、住職さんはにやっとして続けた。

「落し物を簡単に拾ってはいけないよ。昔から憑き物(厄)を落とすにはわざと何かを落とすんだ。それはお金だったり宝石だったり様々だがね。それらと一緒に憑き物(厄)を落とし、拾った者を身代わりにする。まぁ、変なのは憑いてないみたいだけど、厄を背負ってるみたいだからあと一年は注意しておきなさい」

住職さんはそういって寺の奥に引っ込んでいった。

正直それまでは幽霊とか信じていなかっのだが、 ちょっとだけ信じても良いのかなと思った体験だった。

そういえば、昨日職場の近くにダイヤの指輪が落ちていた。

誰でも分かりやすいところに置いておいたから、 落とし主が気づいていると良いけど。

おわり

ネットの声
・「拾得物横領か。」

・「最後の下りは、持ち主に戻ることを願うなら交番に届けろよw」

・「『一緒に憑き物(厄)を落とし、拾った者を身代わりにする。』これにちょっとゾッとしたかも…」

・「キーケースを拾った事があるよ…使用して5年目になる。ドン底の人生です…お寺行って来ます!」

・「やはり、そうゆう災いはあるもんだなぁ~。」

などの声が寄せられました。

No Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Uncategorized
【衝撃動画】ボウルにたっぷり入れた水銀に手を突っ込んでみた⇒想像を絶する結果に!

水銀をボウルにたっぷり入れ、そこに手を突っ込んでみると…。 水銀とは 常温、常圧で凝固しない唯一の金属元素である水銀。 銀(Ag)とは別の、原子番号80の元素で、元素記号は「Hg」です。 かつて水銀は体温計やボタン電池などで利用されてきました。 しかし、水銀は非常に高い毒性を持っていて、水俣病などの公害を引き起こしたこともあり、今では家庭用品での使用は減らされています。 かつて、奈良の大仏を建立した際、水銀を使って作業した人は早死にしたとも言われています! 次ページで「たっぷりの水銀に手を突っ込んだら…。」を紹介します! たっぷりの水銀に手を突っ込んだら…。 その水銀を40kgもボウルにいれ、そこに手を突っ込む実験動画が話題に! 水銀に手を突っ込んだらどうなるのかは…以下の動画でご確認ください! 液体なのに、手に付着することがありません!なら安全じゃないの?と思うかもしれませんが、水銀は身体の中に蓄積されることによって毒性を発揮します。 皮膚からの吸収は非常にゆっくりなため、少し触るくらいなら影響はほとんどないそうです。しかし、常温でも蒸発して、肺から身体の中に入る可能性がありますから、これはとても危険な実験です。 決してマネはしないでくださいね! ネットの声 ・「はぐれメタルは実は液体だったのかな」 ・「触るだけなら大丈夫だけど舐めたら危険だからね!」 ・「小さいころ体温計割った時にコロコロしてるの触ったことあるよ」 ・「40キロでこの量しかないのか。さすが水銀・・・」 などの声が寄せられました。 2017年発効の「水銀に関する水俣条約」により、さらに水銀の使用や管理は規制されています!

Uncategorized
【お役立ち】これがお腹と背中の脂肪を纏めて落せるスクワット⇒効果抜群のやり方がコチラ!!

お腹と背中の脂肪を纏めて落せるスクワット! 効果抜群のやり方を動画で大公開! お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とせるスクワット スクワットは太ももを鍛えるだけではなく、腹筋、背中の筋肉まで鍛えることが出来る優れた全身運動なのです。 ジムに行く時間が取れない方も、このやり方でスクワットを続けていけば、筋肉強化、脂肪燃焼が可能なのです。 動画を参考にして下さい! ▼動作のポイント 1.呼吸を止めない 2.上下動作は合計4秒のカウントで行う※反動をつけて早くやらない 3.膝は90度の角度まで曲げること。 4.椅子に腰掛けるつもりで股関節から曲げ、膝をつま先より前に出さない 5.猫背にならない 1セット10回を連続3セット(10秒ほどのインターバルは入れて良いです)、週5回は行いたいですね。(可能なら毎日) 両腕も後ろに反らすように動かすので、肩甲骨を寄せることが出来、背中の脂肪が落とせるのです。 上のスクワットに慣れてきたら次のステップ! 次ページで「更に追い込める人にはこちらの運動もお勧め!」を紹介します! 更に追い込める人にはこちらの運動もお勧め! 先ほどのスクワットに慣れてきたら下の運動も行うと有酸素運動にもなりますので、より一層の脂肪燃焼効果が期待できます。 これは、バーピージャンプと言って、様々なアスリートにも愛用されているエクササイズです。 ジャンプしたりするので、室内より屋外で行ったほうが良いかも知れません。 全身をフルに使ってダイナミックに動きます。 ジャンプ力、瞬発力、腹筋、体幹を含めた全身を鍛えることが出来ます。こちらも1セット10回を3セットやります。かなりハードなので最初は1セットでも良いでしょう。 これから夏に向けて脂肪を落として、少しでもスリムになりたい方は是非チャレンジしてみて下さい! ネットの声 ・「中学の時、陸上部のサーキットトレーニングのなかにこんなのあったな」 ・「なるほど。お腹の脂肪落とせるんですね。しかしこのおねーちゃん可愛いな」 ・「4週間実行したが効果あり!体脂肪が4%近く減り、筋肉量も増加した」 ・「毎日実行するのはきついな」 などの声が寄せられました。

Uncategorized
YUIの過去を知り唖然とした。貧乏な子供時代や病気、壮絶な人生に感動。

あどけない少女だった歌手のYUIさんも双子のママですね。 実はデビュー前、「タイヨウのうた」のような人生を歩んでいたことをご存知でしたか? YUIの子供時代 出典:Google画像 1987年生まれ、福岡県古賀市出身です。 3歳の頃から母子家庭になり、お母さんと2人きりで暮らしていました。 母は忙しく働らいていて、家にいない時が多く小学生の頃から学校から帰ってから一人でカップラーメンを食べて過ごしてました。 一人で家にいることが多かったので、そういう時にCDやラジオから流れてくる音楽を聴くことが習慣になっていました。 音楽に支えれれてる自分に気が付き、いつしか「好き」になっていました。 母子家庭なので裕福とは言えない生活、高校時代は学費を稼ぐために毎日アルバイトをしていました。 しかしながら、歌手になる夢を追いかけるために音楽塾にも通い、多忙な高校時代を過ごしてました。 多忙な毎日を過ごすYUIさん。 高校生活、アルバイト、音楽塾の掛け持ちで、睡眠時間が2時間ほどしか取れない生活が続き体調を崩して入院してしまいました。 入院先の医師から、予想もできない宣告を受けたのです。 それは、YUIさんにとってとても残酷なものでした… YUIの病気と決意 出典:Google画像 ただの体調不要からくる病気くらいの思っていたYUIさんですが、医師からの通達はむごいものでした。 YOUIさんは「肺ガンで余命1年」の宣告を受けたのです。 まだ高校生のYUIさんです。 未来に夢を膨らませて頑張ってきたショックは計り知れないものがあったと思います…。 ここで病気とあきらめることはしなかったYUIさんはこう決意しました。 「先がないなら、自分のやりたい事をやろう」 歌手になるためのオーディションを受けると決めて行動しました。 主治医から1日だけ外出許可を貰い、 「このオーディションでグランプリが取れなければ歌手を諦める」 もう、YUIさんにとって何も怖くない心境でしょう。 夢を諦める覚悟でオーディションに挑んだのです。 オーディションで見事グランプリ 出典:Google画像 夢を諦める覚悟で挑んだオーディションです。 2004年のソニーミュージックグループのオーディションで、2万人の応募者の中から最終の10人に残りました。 そして残り10人の中からYUIさんは見事グランプリに輝いたのです。 YUIさんの類稀なる才能に、各レーベルで争奪戦となったそうです。 晴れてデビューが決まり、なんとドラマのタイアップが決まり、上京しました。 2005年、『あぐらでギター一本で奏でる』という女性アーティストとしては珍しいスタイルでデビューを飾ったYUIさんです。 以降数々のドラマのタイアップや、自身の映画主演作となった「タイヨウのうた」などで女優デビューを果たし、主題曲も担当しました。 一気に人気アーティストの仲間入りを果たした。 YUIさんの女優として人々の心を揺さぶる演技力ですが、とても評価も高いを得てますが、きっとその理由は、余命宣告を受けた過去と人並み外れた努力がもたらしたものなんでしょうね。 YUIの余命宣告は人生の転機 その後、余命1年の宣告は、医師の診断は誤診で、肺炎だったことが判明しました。 人生最大のピンチを、自分の力でチャンスに変える! 普通の人は挫けてしまう生きるか死ぬかの選択を高校生という若さで受けた時に 「自分の人生残り僅かなら、好きなことをとことんやろう」 YUIさんの音楽への情熱が大きな試練を乗り越えられたのでしょう。 当時を振り返ったYUIさんはこう語ってました。 あと1年くらいしか持たないと言われて、その頃、15、6歳だったんだけど、全然、受け止めることができなかった。作り話みたいな感じで聞いていたんですけど、もしそうだったらと考えた時に、やっぱり自分のやりたいことをやるべきだなと。 入院はずっとしてたんですけど、オーディションにどうしてもいきたくなったので、外出許可を取って、会場に行きました。 出典:本人談 この余命宣告があってこそ、人生最大のピンチを自分の力でチャンスに出来たのですね! …